「健康経営」の時代到来

従業員の病気による欠勤や、体調不良による効率の低下は、企業にとっても大きな損失となります。そこで、企業側が積極的に従業員の健康増進に関わり、病気の予防だけでなく、働く意欲を引き出すための取組みを始めています。
その取組みは、肉体面や精神面、労働時間や労働環境など様々です。

こうした「健康経営」を後押しする自治体もあり、今後各業界での動きも活発化してくるものと思われます。

健康管理を経営課題として捉え、計画的に実践することは、従業員や企業、そして社会にとっても多くのメリットがあります。多くの会社が取り組むことで、労働の在り方も変わってくるかもしれません。

健康経営

とはいえ、中小企業では取り組みたくても取り組めないという現状もあるようです。
JMPでは、働く皆様の健康管理に役立てていただけ、企業様にとってもプラスになるご提案をご用意しています。

まずはお気軽にお問い合わせください。
あなたのビジネスや健康に活かす方法を一緒に見つけましょう。

個別で相談する




※「健康経営」はNPO法人健康経営研究会の登録商標です。